SERVICE

サービス

開発事例 クラウド型デジタルサイネージシステム

概要

クラウドサーバを介してARM Boardをコントロールするクラウド型デジタルサイネージシステムの構築をいたしました。

瑞起デジタルサイネージ(映像配信)プラットフォームは、クラウドサービスで映像配信・管理をサポートするデジタルサイネージシステムのハードウェア及びファームウェアです。

運用イメージ図

特徴

  • 完全にハードウェアでデコードしているため、ハードウェアの使用効率が良い
  • HD動画を再生しながら、テロップ再生が可能
  • 小型で消費電力が低く、発熱が少ないため、高温環境に耐えられる

ソフトウェア構成

Java,PHP,MySQLなど様々なAPIにサポートし、短時間でご要望に応じてデジタルサイネージシステムを開発できます。Addon方式で機能追加が可能なため、あらゆるユーザインターフェースに対応できます。 また、強力なネットワーク機能が備えており、クラウト型の配信システムに最適です。 LinuxOSベースで保守作業も簡単に行うことができます。

ハードウェア

Cubieboard1,Cubieboard2,Cubietruckまたは弊社提供のAllwinner社のARM搭載のカスタムボードにすべて対応可能です。
FullHD映像に対応しています。映像デコード、テロップ表示はそれぞれ専用ハードウェアでダイレクトに処理されるので、動作は非常になめらかです。 今後4k解像度のコンテンツにもサポートしていく予定です。 HDMIをはじめ、DVI、D-SUB、AV端子など様々なモニター、ディスプレイに対応できます。

デモ用動画